油長酒造株式会社 | 風の森、鷹長、日本清酒発祥の地から

奈良の酒造り

奈良の酒造り

日本清酒発祥の地、奈良。

現在の日本酒の製造技術の根源となる技術は、室町時代末期の奈良で確立されました。

革新的な技術を次々生み出したのは奈良の寺院の僧侶たちでした。

平安時代には朝廷直属の酒造組織が担っていたお酒造りが鎌倉時代には奈良、河内をはじめとする大寺院に移ってきました。

室町時代における大寺院は経済力、組織力、人材が豊富で、日本酒の発展を担う十分な力があったと考えられています。

宗教勢力が醸造業の発展を担うケースは 世界史上 にもやビールにも良い例があり、興味深いものです。

現在、私たちは奈良の先人の技術を礎に、現代だからこそできる酒造りを行い後世の人々にそれを伝えたいと考えています。

PAGETOP
Copyright © 油長酒造株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.